最新情報

2022/09/20

  • 過去問対策

都立日比谷高校2022年度数学独自作成問題 3.平面図形

東京都立日比谷高等学校独自作成数学入試問題研究


2022年度日比谷高校独自作成数学入試問題は 1,小問集合5問 2.関数のグラフ 3 平面図形(円の性質) 4.空間図形が出題されました。

出題構成・出題内容共に例年通りなので、過去問を練習して対策をとりましょう。特に、作図,確率,図形の比は毎年必ず出題されています。

今回は3.平面図形(円の性質)を解説します。(問2)の証明を含め解答の途中式を考え方を必要とする記述もんだ対策も必要です。

プロ家庭教師集団スペースONEの高校受験合格のための過去問傾向と対策へ
                                   

都立日比谷高校2022年度数学独自作成問題 3.平面図形(円の性質)問題



都立日比谷高校2022年度数学独自作成問題 3.平面図形(円の性質) 問1解説解答

(問1) 点Bと点Dを結んだ場合を考える。∠AOC = 88°のとき、∠ODBの大きさは何度か。

解説解答



△ODBはOD = OB(半径)の二等辺三角形。

よって ∠ODB = ∠OBD

三角形の外角の性質より ∠AOD = ∠ODB + ∠OBD = 2∠ODB

円周と中心角の性質より ∠AOD = ∠DOC = 88÷2 = 44°

したがって ∠OBD = 44 ÷ 2 = 22°



答  22°

都立日比谷高校2022年度数学独自作成問題 3.平面図形(円の性質) 問3解説解答


[問3] AO = 6cm,DE = 4cmのとき、線分DGの長さと線分GFの長さの比 DG:GFを最も簡単な整数の比で表せ。

解説解答



 

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00