最新情報

2022/04/02

  • 過去問対策

中央大学杉並高校2021年度帰国子女数学入試問題6.関数のグラフ

中央大学杉並高等学校帰国生入試

中央大学杉並高校帰国生入試の募集人数は男女合計 20名。
出願資格は以下の(1)(2)(3)(4)をすべて満たす者
(1) 日本国籍を有する者
(2) 2007年4月1日以前に生まれた者
(3) 2022年3月31日までに日本国内の中学校、海外の現地校、国際校、日本人学校を卒業または卒業見込の者
(4) 保護者の勤務先が発行する「海外在留期間証明書」によって次のaおよびbが証明される者
a 保護者の海外勤務に伴う海外滞在期間が、2022年3月31日までに継続して1年を超えるか、超える見込であること
b 出願時においてaの海外勤務に伴い海外滞在中であるか、すでに帰国している場合には帰国後の期間が3年以内であること (2019年4月1日以降の帰国であること)

※保護者の留学や受験生本人の留学等、保護者の海外勤務に伴う海外在留でない場合は、帰国生入試の対象となりません。
※海外在留期間とは、海外で勤務する保護者に受験生本人が帯同され、同居している期間を指します。
※Gr9、Year10に在学中の場合は、あらかじめ本校にお問い合わせください。
※新型コロナウイルス感染症による緊急避難のため、2020年1月1日以降に早期帰国したことで帰国生入試の出願資格に満たなくなってしまった方は、本校入試委員会までご相談ください。

出願書類は
(1) 調査書または成績証明書
(2) パスポートのコピー
(3) 海外在留期間証明書
(4) 写真票

選抜基準は基礎学力検査(国語・英語・数学各30分)・調査書・面接で総合的に選抜します。

2021年度中央大学杉並高校帰国生 志願者男子92名 女子69名 受験者男子85名 女子63名 合格者男子28名 女子27名でした。

2021年度帰国生数学入試問題は1.四則計算2問 2.整数の性質 3.確率 4.平面図形(円の性質) 5.平面図形(辺の比と面積比)  6.関数のグラフでした。

今回は 6.関数のグラフを解説します。                                  

中央大学杉並高校2021年度帰国子女数学入試問題6.関数のグラフ 問題

 

中央大学杉並高校2021年度帰国子女数学入試問題6.関数のグラフ問1解説解答

 
問1 点Aのx座標を、aを用いて表しなさい。

解説解答



 




中央大学杉並高校2021年度帰国子女数学入試問題6.関数のグラフ問2解説解答

問2 QBとPAの長さの比が9:16のとき、aの値を求めなさい。

解説解答


各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00