最新情報

2021/04/22

  • 過去問対策

鷗友学園女子中学校過去問傾向と対策2014年度算数入試問題5.速さ

鴎友学園女子中学校算数過去問研究

 

2014年度鴎友学園女子中学校算数第1回入試問題は 昨年より1題少なく、大問 一行問題の混合問題7題構成でした。

出題内容は、1.割合の文章題 2.平面図形の求角 3. 整数の性質 4.割合 5.速さ 6.平面図形 7.水そうに水を入れる(グラフの読み取り) でした。

第1回算数受験者最高点は98点,合格者平均点は69.5点,受験者平均点57.0点でした。

今回は  5.速さを解説します。

 

算数入試問題(速さにチャレンジ)

鷗友学園女子中学校2014年度算数入試問題5.速さ 問題


鷗友学園女子中学校2014年度算数入試問題5.速さ (1)解説解答


(1) BがAに初めて追いついたのは、Aがスタートして何分何秒後ですか。

解説解答

Aの速さは 50÷5=10(m/分)

Bが出発するとき、Aは50m先にいるのでBがAに初めて追いつくのは 

50 ÷ (30 – 10) = 2.5

Bが出発して2.5分後は、Bが1回目にとまる前なので

BがAに初めて追いついたのは、Aがスタートして 5 + 2.5 = 7.5分 = 7分30秒後


答  7分30秒後

鷗友学園女子中学校2014年度算数入試問題5.速さ (2) 解説解答

(2)  BがAに2回目に追いついたのは、スタート地点から何mのところですか。

解説解答

Bが1回目にとまっている間に Aはスタート地点から 50 + 3×2×10 = 110(m)地点にいて、

Bは スタート地点から 30×3 = 90(m)の地点にいるので

Bが再び動き始めて20mの差を追いつくのに 20÷(30 – 10)= 1(分)かかる。

よって BがAに2回目に追いついたのは、スタート地点から 90+30×1 = 120(m)

答    120m

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00