最新情報

2021/04/22

  • 過去問対策

鷗友学園女子中学校過去問傾向と対策2013年度算数入試問題5.円周上の点移動

鴎友学園女子中学校算数過去問研究

 

2013年度鴎友学園女子中学校算数第1回入試問題は 出題構成が変わり、大問 一行問題の混合問題構成でした。

出題内容は、1.割合の文章題 2.平面図形の辺の比と求積 3. 整数の性質 4.直方体の傾き 5.円上の点移動 6.仕事算と食塩の濃度 7.円の移動と重なり 8. 旅人算 でした。

総解答箇所17.試験時間は50分。配点は100点でした。

 

第1回算数受験者最高点は100点,合格者平均点は76.7点,受験者平均点69.2点でした。

今回は  5.円上の点移動を解説します。

 

算数入試問題(円上の点移動にチャレンジ)

鷗友学園女子中学校2013年度算数入試問題5.円周上の点移動 問題


鷗友学園女子中学校2013年度算数入試問題5.円周上の点移動 (1)解説解答

(1) 次のア,イ,ウにあてはまる数を答えなさい。

100秒間で点Pが動いた長さの和はアcmです。

100秒間で点Qが動いた長さの和はイcmです。

100秒間で点Rが動いた長さの和はウcmです。

ア 100秒間で点Pが動いた長さの和はアcmです。

解説解答



Pは1周するのに4秒かかるので、100秒間で 100÷4 = 25周する。 

Pが1周する距離は 半径3cmの円周1つ分なので、25周すると 6×3.14×25 = 471


イ 100秒間で点Qが動いた長さの和はイcmです。


解説解答



Qは1周するのに8秒かかるので、100秒間で 100÷8=12周・・・4秒。

Qが1周する距離は 1辺6cmの正方形1周分。





ウ 100秒間で点Rが動いた長さの和はウcmです。

解説解答



Rは1周するのに12秒かかるので、100秒間で 100÷12=8周・・・4秒。




答 ア  471cm    イ  300cm   ウ  471cm

鷗友学園女子中学校2013年度算数入試問題5.円周上の点移動 (2) 解説解答

(2)  100秒後の3点P,Q,Rを結んだ三角形の面積を求めなさい。

解説解答

Pは100秒後にEに戻り、QはEから4秒進んだ地点、RはEから4秒進んだ地点

よって 下図のとおり



6×6÷2=18

答    18c㎡

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00