最新情報

2021/03/11

  • 過去問対策

聖マリアンナ医科大学医学部過去問傾向と対策2020年度化学入試問題2.小問集合

聖マリアンナ医科大学医学部2020年度化学入試問題

こんにちは 医学部受験指導専門プロ家庭教師の田中です。

今回は聖マリアンナ医科大学医学部2020年度化学入試問題から第2問小問集合を解説します。

[2][3][4]の計算問題は重要です。[3][4]は平衡にいたるまで「はじめ」「変化」「あと」と段階を追って考えます。

聖マリアンナ医科大学医学部2020年度化学入試問題2.小問集合 問題 


聖マリアンナ医科大学医学部2020年度化学入試問題2.小問集合(1)解説解答
(1) 水溶性たんぱく質に富む豆乳に塩化マグネシウムを主成分とする苦汁を加えると豆腐ができる。この理由をキーワードとして「水和」と「コロイド」を用いて3行以内で説明せよ。

解説解答

豆乳に含まれる水溶性タンパク質は水分子と水和する親水性コロイド粒子なので電解質である苦汁を加えると豆乳が塩析して沈殿するため。

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00