最新情報

2021/02/25

  • 過去問対策

桜蔭中学校2016年度理科入試問題Ⅲ化学反応

桜蔭学園 桜蔭中学校高等学校過去問対策研究

 

2016年度桜蔭中学校入学試験は募集240名にたいし、出願者538名 受験者523名 合格者266名 補欠合格者18名でした。

理科入試問題は大問5題構成で、1.天気 2.浮力 3.化学(反応) 4.植物 5.実験の注意点が出題されました。

今回はⅢ.化学(反応)を解説します。

理科入試問題 Ⅲ.化学反応にチャレンジ

桜蔭中学校2016年度理科入試問題Ⅲ化学反応 問題


桜蔭中学校2016年度理科入試問題Ⅲ化学反応 問1解説解答

問1 (A)は石灰石にうすい塩酸を加えたときに発生する気体と同じ気体です。(A)にあてはまる語句を答えなさい。

重曹は炭酸水素ナトリウムともよばれ、加熱すると、炭酸ナトリウムと(A)と水に分解される。
解説

石灰石の主成分は炭酸カルシウムでうすい塩酸を加えると、二酸化炭素が発生する。

 
答  二酸化炭素

桜蔭中学校2016年度理科入試問題Ⅲ化学反応 問2解説解答

問2 表中の①~③にあてはまる色をア~ウから、④~⑤にあてはまる色をイ~オから選び、記号で答えなさい。ア青イ黄ウ緑エ紫オピンク
解説
 
BTB液:液体が酸性か中性かアルカリ性かを調べる指示薬。BTB液を混ぜ色の変化を見る
黄色=強い酸性、
緑色=中性、
青色=強いアルカリ性。
① 食塩水は中性なのでBTB液を混ぜると緑色に変化する。
② 酢は酸性なのでBTB液を混ぜると黄色に変化する。
③ アンモニア水はアルカリ性なので、BTB液を混ぜると青色に変化する。
食塩水1g + 酢1g は中性+酸性で酸性になるので、酢にムラサキキャベツ液を混ぜたときと同様、ピンクに変化する。
食塩水1g + アンモニア水1gは中性+アルカリ性でアルカリ性になるので、アンモニア水にムラサキキャベツ液を混ぜたときと同様緑色に変化する。
 
答  ①ウ  ②イ  ③ア  ④オ  ⑤ウ


桜蔭中学校2016年度理科入試問題Ⅲ化学反応 問3解説解答


各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00