最新情報

2021/01/28

  • 過去問対策

女子美術大学附属中学校2018年度 算数入試問題 2. 規則性

女子美術大学付属中学校算数過去問研究

2018年度女子美術大学付属中学校算入試問題から、規則性の問題を解説します。

2番目からマッチ棒が何本ずつ増えていくかを考えましょう。

算数入試問題2.規則性にチャレンジ

女子美術大学附属中学校2018年度 算数入試問題 2. 規則性 問題


女子美術大学附属中学校2018年度 算数入試問題 2. 規則性 (1) 解説解答

(1) 5番目の図形を作るには、マッチ棒は何本使いますか。
解説
1番目の正六角形に使うマッチ棒の数は 6本。2番目から5本ずつ増えていくので、5番目の図形を作るのに必要なマッチ棒の数は

6 + 5×4 = 26
 
答  26本


女子美術大学附属中学校2018年度 算数入試問題 2. 規則性 (2) 解説解答

(2) 20番目の図形を作るには、マッチ棒は何本使いますか。
解説
1番目の正六角形に使うマッチ棒の数は 6本。2番目から5本ずつ増えていくので、20番目の図形を作るのに必要なマッチ棒の数は

6 + 5×(20 – 1) = 101
 
答   101本

女子美術大学附属中学校2018年度 算数入試問題 2. 規則性 (3) 解説解答


(3) マッチ棒の本数が初めて200本をこえるのは、何番目の図形ですか。
解説
1番目の正六角形に使うマッチ棒の数は 6本。2番目から5本ずつ増えていくので、

(200 – 6)÷5 = 38 余り4

よって39番目の図形を作るのに 200 – 4 = 196本必要なので、200本をこえるのは 39+1 = 40番目の図形のとき。
 
答  40番目



各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00