最新情報

2021/01/01

  • 過去問対策

女子学院中学校2008年度算数入試問題4.速さ

女子学院中学校算数過去問研究

算数入試問題 (速さの文章題にチャレンジ)

4.問題

女子学院中学校2008年度 算数入試問題 4.速さ 問題

 

水泳1.5km, 自転車40km, ランニング10kmを順に行ってかかった時間を競うレースに、J選手とG選手が参加した。
 
(1) J選手の水泳のタイムは20分50秒だった。J選手の水泳の分速は何mですか。
   J選手の水泳と自転車の分速の緋は3:20だった。J選手の自転車のタイムは何時間何分何秒ですか
 
(2)  G選手は、J選手より5分20秒遅れてランニングを始めた。ランニングは、G選手の方が、J選手より毎分毎分32m早かったので、G選手はランニングにはいって34分40秒後にJ選手に追いついた。J選手とG選手のランニングの分速の比を求めなさい。

   G選手のランニングの分速を求めなさい。 

   G選手がJ選手に追いついたのは、ゴールまで、何mの所ですか。
 
(3)  G選手の3つの種目のタイムの合計は何時間何分何秒ですか。

女子学院中学校2008年度 算数入試問題 4.速さ (1) 解説解答


(1) J選手の水泳のタイムは20分50秒だった。J選手の水泳の分速は何mですか。
   J選手の水泳と自転車の分速の緋は3:20だった。J選手の自転車のタイムは何時間何分何秒ですか。
解説
J選手の水泳の分速   1500mの距離を20 5/6分で進むので  1500÷20 5/6=72(m/分)
J選手の自転車の分速  72×20/3=480(m/分)
40000mの距離を分速480mで進むので、  40000÷480=83 1/3(分)=1時間23分20秒
 
答 J選手の水泳の分速 72m
J選手の自転車の分速 480m
J選手の自転車のタイム 1時間23分20秒

女子学院中学校2008年度 算数入試問題 4.速さ (2) 解説解答

(2) G選手は、J選手より5分20秒遅れてランニングを始めた。ランニングは、G選手の方が、J選手より毎分毎分32m早かったので、G選手はランニングにはいって34分40秒後にJ選手に追いついた。J選手とG選手のランニングの分速の比を求めなさい。

解説

 G選手がJ選手に追いつくまでに J選手が走った時間 5分20秒+34分40秒=40分
 G選手が走った時間 34分40秒  時間の比 40分:34分40秒=15:13  速さの比 13:15


G選手のランニングの分速を求めなさい。 

  G選手とJ選手の分速32mの差・・・2  G選手の分速  32÷2×15=240 (m/分)


G選手がJ選手に追いついたのは、ゴールまで、何mの所ですか

  G選手が分速240mで34分40秒走った地点なので、ゴールまでは 10000-240×34 2/3=1680

答  1680(m) 

女子学院中学校2008年度 算数入試問題 4.速さ (3) 解説解答


(3) G選手の3つの種目のタイムの合計は何時間何分何秒ですか。
   
解説
   G選手が10kmのランニングにかかる時間  10000÷240=41 2/3=41分40秒
   G選手が水泳・自転車にかかった時間はJ選手より5分20秒多いので 
   G選手の3つの種目の合計タイム  20分50秒+1時間23分20秒+5分20秒+41分40秒=2時間31分10秒

答   2時間31分10秒



各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00