最新情報

2020/12/13

  • 過去問対策

川村学園中学校2020年度算数入試問題4.資料問題

川村学園中学校算数過去問研究

2020年度の川村学園中学校算数入試問題は、例年通りの出題構成で[1] 四則計算6問 [2] 小問集合5問 [3] 平面図形(正五角形) [4] 資料問題 [5] 場合の数が出題されました。

難問はなく例年通りの難易度の出題でした。

今回は 4.資料問題を解説します。

川村学園中学校2020年度 算数入試問題 4.資料問題


川村学園中学校 2020年度算数入試問題4.資料問題 解説解答

① 「モンブラン」と答えた人数は、子どもと大人のどちらの方が多いですか。

解説解答

円グラフより「モンブラン」と答えた子どもは35%なので、80×0.35 = 28人,棒グラフより大人は20人

よって子どものほうが多い。

答  子ども

② 「チョコレート」と答えた子供は、子ども全体の何%ですか。

解説解答

棒グラフより「チョコレート」と答えた子供は20人、子どもの人数は80名なので、

20÷80 = 0.25 = 25%

答  25%

③ 「レアチーズ」と答えた子どもは何人ですか。

解説解答

円グラフより モンブランは35%,その他は20%,②より「チョコレート」は25% なので、「レアチーズ」は

100 – (35 + 20 + 25) = 20%

子ども80人の20%が「レアチーズ」と答えたので 80 × 0.2 = 16

答  16人

④ 大人の「その他」は何人ですか。

解説解答

円グラフより 「その他」は大人の人数の5%なので、
40 × 0.05 = 2

答 2人

⑤ 子どもと大人を合わせて好きなケーキの2番目と考えられるのは何ですか。考えられるものすべてを答えなさい。ただし、「その他」には2種類以上のケーキが含まれるものとします。

解説解答

グラフより 
子ども 1.モンブラン 28人,2,チョコレート 20人,3.レアチーズ 16人,4.その他 16人「その他」には2種類以上のケーキが含まれるので、最も多いとき いちご15人,フルーツ15人
大人  1.モンブラン 20人,2,いちご 40×0.35 = 14人,3.フルーツ 40×0.1 = 4人,4.その他 40×0.05=2人
「その他」には2種類以上のケーキが含まれるので最も多いとき チョコレート1人,レアチーズ1人

よって 最も多いとき、1.モンブラン 28 + 20 = 48人,2.いちご14 + 15 = 29人,3.チョコレート21人,4.フルーツ4 + 15 = 19人 5.レアチーズ17人,,

最も少ないとき 1.モンブラン48人,2.チョコレート20人, 3.レアチーズ16人,4.いちご14人,5.フルーツ4人

以上から子どもと大人を合わせて好きなケーキの1番目はモンブラン,2番目はいちごまたはチョコレート

答 いちごのショートケーキ,チョコレートケーキ

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00