最新情報

2022/04/07

  • 過去問対策

杏林大学医学部2022年度数学入試問題Ⅱ数学Ⅲ積分法(2)問題

杏林大学医学部過去問研究2022年度数学入試問題

 

こんにちは。医学部受験数学・物理・化学指導プロ家庭教師の田中です。


杏林大学医学部2022年度数学入試問題は、大問3題構成で、Ⅰ.三角関数・数学Ⅱ微分法 Ⅱ.数学Ⅲ積分法 Ⅲ.平面図形・立体図形が出題されました。試験時間は60分 配点は100点 一次合格得点率は約60%です。

今回はⅡ.数学Ⅲ積分法の問題を解説します。(2)では極大•極小となるときの条件を正しく式に立てられることが重要です。

杏林大学医学部一次合否ラインは約60%。大問1,2は取りこぼさないようにしましょう。

杏林大学医学部2022年度数学入試問題Ⅱ数学Ⅲ積分法(2)問題

 

 

杏林大学医学部2022年度数学入試問題Ⅱ数学Ⅲ積分法(2)解説解答

 

 

 

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00