最新情報

2021/05/17

  • 過去問対策

足立学園中学校2021年度算数入試問題3.倍数変化算

足立学園中学校過去問対策

2021年度足立学園中学校算数入試問題は例年通り大問4題構成で、出題内容は1.四則計算3問,2.数の性質,3.倍数変化算,4.推理でした。

今回は 3.倍数変化算を解説します。

線分図を使って整理しながら解きましょう。

足立学園中学校2021年度算数入試問題3.倍数変化算 問題


[3] A,B,Cの3人は文房具屋さんに買い物に来ました。次の各問いに答えなさい。

(1) Aは 鉛筆3本と消しゴム2個を買って代金は370円でした。Bは鉛筆5本と消しゴム4個を買って代金は670円でした。鉛筆1本の値段はいくらですか。

(2) Cは定規とコンパスを1つずつ買って代金は260円でした。Cの買い物を見て、A,Bの2人も買い忘れに気づきました。(1)のあとにAはコンパスとノートを1つずつ買って代金は300円,Bは定規とノートを1つずつ買って代金は240円でした。定規,コンパス,ノート1つずつ買うと代金はいくらですか。

 

足立学園中学校2021年度算数入試問題3.倍数変化算 (1)解説解答

(1) Aは 鉛筆3本と消しゴム2個を買って代金は370円でした。Bは鉛筆5本と消しゴム4個を買って代金は670円でした。鉛筆1本の値段はいくらですか。

解説解答

Aは鉛筆3本と消しゴム2個を買って代金は370円。Bは鉛筆5本と消しゴム4個を買って代金は670円なので、AとBの鉛筆の個数と消しゴムの個数を比べて

鉛筆3本と消しゴム2個をそれぞれ2倍の鉛筆6本と消しゴム4個を買うと代金も2倍の 370円×2 = 740円



線分図の通り 740円と670円の差 740 – 670 = 70円は鉛筆1本分になるので、鉛筆1本の値段は 70円

答  70円



足立学園中学校2021年度算数入試問題3.倍数変化算 (2)解説解答

(2) Cは定規とコンパスを1つずつ買って代金は260円でした。Cの買い物を見て、A,Bの2人も買い忘れに気づきました。(1)のあとにAはコンパスとノートを1つずつ買って代金は300円,Bは定規とノートを1つずつ買って代金は240円でした。定規,コンパス,ノート1つずつ買うと代金はいくらですか。

解説解答

定規とコンパスを1つずつの代金は260円。コンパスとノートを1つずつの代金は300円,定規とノートを1つずつの代金は240円。

  定規コンパス ノート  代金
  1 1  260円
   1 1 300円
  1  1 240円
 合計 2 2 2 800円


表の通り
定規・コンパス・ノート2つずつの代金は 260 + 300 + 240 = 800円

よって 定規・コンパス・ノート1つずつの代金は  800÷2 = 400円

答  400円

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00