最新情報

2021/02/27

  • 過去問対策

桜蔭中学校2008年度算数入試問題Ⅰ小問集合(2)立体図形

桜蔭学園 桜蔭中学校高等学校過去問対策研究


2008年度桜蔭中学算数入試問題Ⅰ小問集合から(2)立体図形を解説します。表面積の等しい部分に同じしるしを書き込むと差がすぐに明らかになります。

桜蔭中学校2008年度算数入試問題Ⅰ小問集合(2)立体図形 問題


桜蔭中学校2008年度算数入試問題Ⅰ小問集合(2)立体図形 解説解答

表面積が同じ部分に同じ印をつけると、切り口四角形AEFDは共通になっている。


□ = 42÷20 = 2.1cm  BE = 5 – 2.1 = 2.9

答 2.9cm

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00