最新情報

2021/02/25

  • 過去問対策

日本大学豊山高校2008年度数学入試問題 平面図形

日本大学豊山高等学校過去問研究

 

日本大学豊山高等学校の2008年度数学入試問題は計算・小問5題を含む大問6題構成でした。

基本問題が中心ですので、教科書や準拠問題集によって合格力を高めましょう。

今回は、日大豊山高等学校の入試頻出の平面図形の問題です。

                                

日本大学豊山高校2008年度数学入試問題 平面図形 問題

1辺が12cmの正方形の折り紙ABCDを半分に折ったときの折れ線をEFとします。

点Eに頂点Cを重ねるように折ったときの折れ線をGH,辺BCと辺ABが重なった点をIとします。


このとき、次の問に答えなさい。

(1)線分EGの長さを求めなさい。

(2)線分AIの長さを求めなさい。

日本大学豊山高校2008年度数学入試問題 平面図形 (1) 解説解答

(1) 線分EGの長さを求めなさい。

解説




三平方の定理より


答  7.5cm

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00