最新情報

2021/02/21

  • 過去問対策

佼成学園中学校2012年度算数入試問題 4.仕事算

佼成学園中学校過去問対策

2012年度佼成学園中学校算数入試問題から4.仕事算を解説します。

1時間当たりの仕事量で計算しましょう。1分当たりより分数を使いますが計算がやさしくなります。時間と分の換算に気をつけましょう。

佼成学園中学校2012年度算数入試問題 4.仕事算 問題

佼成学園中学校2012年度算数入試問題 4.仕事算 (1) 解説解答

(1) この飲料水を100ℓ作るのに、AとBを1台ずつ使ったら何分かかりますか。

解説解答

機械Aは1時間に100ℓつくるので 1時間の仕事量は100ℓ,機械Bは2時間で100ℓ作るので1時間の仕事量は100÷2 = 50ℓ

よって AとBを1台ずつ使ったたら 1時間の仕事量の和は 100 + 50 = 150ℓ



答  40分

佼成学園中学校2012年度算数入試問題 4.仕事算 (2) 解説解答

(2) この飲料水を1500ℓ作るのに、Aを4台とBを1台使ったら何時間何分かかりますか。


解説解答

Aを4台とBを1台使ったら1時間にできる飲料水の量は 100×4 + 50 = 450ℓ

よって 1500ℓ作るのにかかる時間は

 

答 3時間40分

 

 

佼成学園中学校2012年度算数入試問題 4.仕事算 (3) 解説解答

(3) この飲料水を、Aを2台とBを2台使って作っていたところ、作り始めてから1時間15分後にAの1台が壊れて動かなくなったため、残りの3台で作り続けました。作り始めてから4時間で何ℓの飲料水を作ることができましたか。

解説解答

Aを2台とBを2台で1時間に作れる飲料水の量は (100 + 50)×2 = 300ℓ

1時間15分で作る飲料水の量は



A1台が壊れた後A1台とB2台とで作った時間は 4時間 – 1時間15分 = 2時間45分

Aを1台とBを2台で1時間に作れる飲料水の量は 100 + 50×2 = 200ℓ

2時間45分間で作る飲料水の量は



よって 4時間で作る飲料水の量は 375 + 550 = 925ℓ

答 925ℓ


別解

4時間でAを2台とBを2台で1時間に作れる飲料水の量 – 壊れた作れなかったAが2時間45分間でつくる飲料水の量

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間 : AM 10:00 〜PM 9:00