最新情報

2021/02/19

  • 過去問対策

慶応義塾高校2020年度数学入試問題3速さの三公式に関する文章問題

慶應義塾高等学校過去問対策
 
慶應義塾高等学校2020年度数学入試問題は昨年同様大問7題構成で、1.小問集合,2.関数,3.速さの三公式に関する問題,4.方程式の応用,5.平面図形,6.立体図形の展開図,7.関数が出題されました。全範囲から満遍なく出題されていますので、教科書の全範囲を復習しましょう。

今回は3.速さの三公式に関する文章問題をを解説します。

                                   

慶応義塾高校2020年度数学入試問題3速さの三公式に関する文章問題


3. 2地点A,Bを結ぶ一本道がある。P君は地点Aから地点Bへ,Q君は地点Bから地点Aへ向かって同時に出発した。P君,Q君はそれぞれ一定の速さで動き、出発してから2時間30分後に地点Bから20kmの地点ですれ違い、P君が地点Bに到着してから3時間45分後にQ君が地点Aに到着した。
 このとき、2地点A,B間の距離を求めよ。

慶応義塾高校2020年度数学入試問題3速さの三公式に関する文章問題 解説解答



Q君は2時間30分で20km進んでいるので、Q君の時速は

2人がすれ違った地点をCとすると、


答  60km

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間 : AM 10:00 〜PM 9:00