最新情報

2021/02/13

  • 過去問対策

海城中学校2015年度帰国生算数入試問題2.仕事算

海城学園 海城中学校帰国生入試算数過去問研究

2015年度海城中学校帰国生算数出題内容は 1.四則計算を含む小問集合5問 2.仕事算 3.旅人算 4.数の性質(規則性) 5.立体図形でした。
今回は 2.仕事算を解説します。全体の仕事量を1として、文意に沿って考えましょう。

 

算数入試問題(仕事算にチャレンジ)

海城中学校2015年度 帰国生算数入試問題 2.仕事算 問題

1日目にAさんとBさんが2人で6時間作業を行い、2日目にCさんも加わって3人で2時間作業して完了する仕事がありました。

 ある日 Aさんが1日目だけ都合が着かなくなったため、1日目はBさんだけで6時間作業したところ、2日目の終わる予定の時刻に全体の半分の仕事が残っていました。そのまま残りの仕事を3人で行ったところ、ちょうどそこから3時間延長して仕事は完了しました。

(1) 1日目には全体のどれくらいの割合の仕事が終わる予定でしたか。分数で答えなさい。

(2) 最初から最後までAさんとCさんの2人で作業を行ったとすると、作業は全部で何時間何分で完了しますか。

海城中学校2015年度 帰国生算数入試問題 2.仕事算 (1) 解説解答

(1) 1日目には全体のどれくらいの割合の仕事が終わる予定でしたか。分数で答えなさい。

解説

海城中学校2015年度 帰国生算数入試問題 2.仕事算(2) 解説解答


(2) 最初から最後までAさんとCさんの2人で作業を行ったとすると、作業は全部で何時間何分で完了しますか。

解説



答  7時間12分

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00