最新情報

2021/01/25

  • 過去問対策

フェリス女学院中学校2009年度 算数入試問題 1.平面図形

フェリス女学院中学校・高等学校算数過去問研究

フェリス女学院中学校の2009年度算数入試問題は例年通り計算1問を含む小問集合5問、大問4題構成でした。
大問は、速さ1問、割合の文章題1問・平面図形1問・水槽の容積での出題でした。
 

算数入試問題(平面図形にチャレンジ)

フェリス女学院中学校は平面図形が頻出です。今回は小問集合のなかの1問を解説します。昨年度(2009年度)の類題です。過去問対策を十分にしていた受験生は難なく解けたでしょう。

フェリス女学院中学校2009年度 算数入試問題 1.平面図形 問題



図のように半径6cmの半円と、直線ABを半径とするおうぎ形があります。点Cは直線ABのまん中の点です。 部分の面積は3.24c㎡のとき、部分の面積求めなさい。

フェリス女学院中学校2009年度 算数入試問題 1.平面図形 解説解答



解説
四角形ABCDの面積は 半径3cm中心角120°の扇形の面積+半径9cm中心角60°の扇形の面積+10.53c㎡なので
3×3×3.14×1/3+9×9×3.14×1/6+10.53=62.34c㎡。
 また辺DAと辺CBは同位角が等しく平行なので四角形ABCDは台形。
台形ABCDの上底3cm、下底9cm、高さ=辺CD、面積62.34c㎡ 
よって CD=62.34×2÷(3+9)=10.39


答 10.39cm

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00