最新情報

2021/01/18

  • 過去問対策

昭和大学医学部2020年度物理入試問題1.A 摩擦を含む斜面の問題

プロ家庭教師集団スペースONEは有名進学塾、予備校のカリキュラムに精通し、超難関中学・医学部受験・不登校・学力不振等多様な指導経験15年以上のプロ家庭教師たちが設立したプロ集団です。

スペースONEの医学部受験専門プロ家庭教師が医大・医学部の入試問題を詳しく解説します。

昭和大学医学部過去問研究2020年度第1期物理入試問題

 

こんにちは 医学部受験数学指導の福島です。今回は昭和大学医学部2020年度Ⅰ期物理入試問題から力学の摩擦を含む斜面の問題を解説します。表の数字を計算して加速度が一定であることが示せます。また(2)の式においてg’もθもμ’も一定なのでa一定が確認できます。

昭和大学医学部2020年度物理入試問題1.A 摩擦を含む斜面の問題

昭和大学医学部2020年度物理入試問題1.A 摩擦を含む斜面の問題 (1)解説解答

(1) 表Ⅰに示したデータからこの実験室の重力加速度の大きさは一定であることがわかる。その理由を、解答用紙にあるグラフ並びに文章(80字以内)で説明しなさい。

解説解答



昭和大学医学部2020年度物理入試問題1.A 摩擦を含む斜面の問題(2)解説解答


(2) この実験室の重力加速度の大きさを g’としたとき、物体に生じる斜面下向きを加速度の大きさをθ,μ’,g’を用いて表しなさい。

解説解答


各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間 : AM 10:00 〜PM 9:00