最新情報

2020/12/19

  • 過去問対策

玉川学園高等部2020年度数学入試問題2.⑦,⑧,⑨平面図形

玉川学園高等部過去問研究


2020年度青山学院高等部一般入学試験数学の出題内容は大問6題構成で1.四則計算,2.小問集合10問,3.関数,4.平面上の面移動,5.円の性質と証明,6.球の性質出題されました。

出題内容やボリューム難易度に変更はなく標準レベルの出題でした。

今回は2020年度玉川学園高等部一般数学入試問題2.小問集合から平面図形3問を解説します。

                            

玉川学園高等部2020年度数学入試問題2.⑦,⑧,⑨平面図形 問題

玉川学園高等部2020年度数学入試問題2平面図形.⑦ 解説解答

⑦ 右の図において、AD//BC,AD//EFとする。AD = 8cm,BC = 10cm,AE:EB = 1:2のとき、線分EFの長さを求めなさい。

解説解答




図の通りAB//DHとなる直線を引く。

△DGF ∽ △DHC

DG:DH = GF:HC

AE:EB = DG:GH = 1:2 なので、GF:HC = 1:3

HC = BC – BH = 2cmなので


玉川学園高等部2020年度数学入試問題2.平面図形⑨ 解説解答


⑨ 右の図は、底面の半径5cm,高さ12cmの円錐である。個の円錐の表面積を求めなさい。

解説解答

展開図は次の通り


各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00