最新情報

2020/12/17

  • 過去問対策

順天堂大学医学部2010年度英語入試問題長文総合

順天堂大学医学部過去問研究2010年度入試問題

こんにちは 医学部受験英語指導プロ家庭教師の鶴谷まことです。

2010年度順天堂大学の医学部入試問題は昨年度に続き長文3題(1題インタビュー)、自由英作文の構成でした。

医学部に入るということはすなわち医師になろうとすることです。
今回取り上げたⅡの問題がその典型ですが、最低限、医師として必要とされる英語でのコミュニケーション能力を獲得する資質が問われていると言えましょう。

英語に限らず、出題者の意図が理解できれば、点数は飛躍的にアップします。

順天堂大学医学部2010年度英語入試問題長文総合

全体に、たいへん読みやすい英文です。ポイントは英語の知識よりも、設問とのかね合いで思考力を発揮することです。

順天堂大学医学部2010年度英語入試問題Ⅱ長文総合 解説解答

上記のインタビューの内容に合うように、各問に対する答えとして最も適したものを選択肢1~4の中から選びなさい。

(1) What has Dr. Tannen intended to do in her latest book as a linguist?

1.To focus on such everyday conversations as storytelling.

2. To point out that mothers and daughters are often both right.

3. To analyze conversations and find out why communications fail.

4. To show that Deborah and Dorothy has a stormy relationship.

解説

設問のポイントは2つ。「latest book」「最新刊」で、「as linguist」「言語学者として」。
1は「as storytelling」が違う。

2.「right」という言葉は、言語学者としては使わない、と言っている。

4.個人的な思い出は、言語学者としての理論展開の一例として挙げられているに過ぎないと思われる。

したがって、3が正解。

 
答   

 

 

Which is the best combination to fill the blanks (A) and (B)?
  (A)              (B)
1. acknowledged       obliged
2. caring           criticized
3. criticizing         complained
4. right           wrong

解説解答

母と娘の対照的な感じ方を説明している。
1と3は対照関係の語になっていないので、違う。
他の選択肢のついては、文の前後に出てくる単語の使われ方に注意。
4の「right」「wrong」は言語学者的でない、と同じAnswerの冒頭で述べ、なおかつ直後に、「They are both right」と述べている。
したがって、2が正解。選択肢2の語の組は、前後で盛んに使われ、フィットする。

 
   2
 

(3) What is Dr. Tannen’s main objective in writing her recent book?

1. To encourage some adjustments in conversational styles so that communication may more likely succeed.

2. To discuss different situations where problems often arise between people who are related.

3. To show that linguistics has something to offer for understanding and improving human relationships.
4. To show what can be offensive to one group may not be to another.
解説 

正解は3。

5ページの最後に、「私の目的は」と述べられている。「objective」=「purpose」

 
答3
 
(4) Which of the following is NOT mentioned as affecting the differences in conversational style?
1. how old people are
2. where people live
3. what race people belong to
4. how people learn to speak
解説 

やや迷うところ。6ページ3行目に、「人種、地域、年齢、階級、および性差」とあり、1と2は問題なく消去できる。
3の「race」=「ethnic」と単純に考えると、4の「どのように話し方を学習するか」が答えとなる。これは「階級」によって決まるものとも考えられるが、短い試験時間内に、そこまでの推論を要求してないと思われる。したがって、正解は4。

 
答   
 
(5)  Which of the following statements best describes what is said in the interview?
1. Learning how to write email messages will improve our interpersonal relationships.
2. By understanding how language works, we can improve the patterns that cause trouble in relationships.
3. By understanding how daughters talk to their mothers, we can discovery why communications fail.
4. By understanding how mothers and daughters talk, we can improve our language ability.
解説 

1の「Eメール」に関することは主題ではなく、3の「娘から母への言葉」とはかぎらないので、これらは消去できる。
2か4かで、迷うところ。
設問の「このインタビューにおいて」という限定を重くとれば、このインタビューでは母と娘に関する内容がほとんどを占めているので、4が正解となる。しかし4の後半部の表現より、2で述べられている表現の方が、本文で強調的に見受けられる。したがって、ここはこのインタビューにかぎらず、著者の見解そのものをよく示すとして、2が正解。

 
  2
(6) Why are mother-daughter conversations so dangerous?
1. Since they talk a lot about their personal problems, they have many chances to say hurtful things to each other.
2. Since conversation is the glue that holds together their relationships, they try not to worry about small bothersome things.
3. Since they talk more often with each other than sons and fathers, their relationships are not as intimate.
4. Since they want to get each other’s approval, they often try to act in a different way than usual.
解説 

選択肢2と3は、カンマ以降の文の後半が間違っている。4.についても、カンマ以降の後半部が違っており、
かつ「approval」を欲しているのは娘である。したがって、正解は1。

 
   1
(7) Which of the following sentences best describes the underlined phrase it was open warfare?
1. Dr. Tannen and her mother used to ignore each other.
2. Dr. Tannen and her mother used to get angry with Deborah’s father.
3. Dr. Tannen and her mother used to quarrel fiercely.
4. Dr. Tannen and her mother often used to discuss their ideas about marriage.
解説 

1.の「ignore」という記述はない。2.父親について、触れている箇所はない。4.結婚問題が基本にあったと書かれているが、それにかぎるとは読みとれない。「若い頃からの戦争状態」には青春時代も含まれるとある。結婚問題が特にクローズアップされたのは、離婚した後、というニュアンスである。

したがって、正解は3。

 
   3
 
(8) Why did Dr. Tannen’s relationship with her mother get better?
1. As her mother became very old, she often bought her gifts and wrote letters.
2. As she became older, she felt under pressure to marry her second husband.
3. As her mother became very old, she took her mother’s advice and began going to Club Med.
4. As she became older, she began to realize that she loved her mother.
解説 

タネン博士と母親の関係が改善した原因は。①博士が40歳で再婚を果たしたこと ②母親が歳をとったこと にある。したがって、選択肢2と3は違う。1.は、むしろ関係が改善した結果、こういった行為ができるようになった、と読める。「母が歳をとるにつれ、母と娘というものが恋人同士であるということに気づいた」と一般的に書かれている箇所が、4にあたる。

したがって、正解は4。
 
答  

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00