最新情報

2020/12/15

成城中学校2008年度1日目算数入試問題ニュートン算

成城中学校算数過去問研究

 

2008年度の成城中学校の算数問題は例年通り計算問題2題を含む10題構成でした。

 

算数入試問題(ニュートン算にチャレンジ)

 

今回取り上げたニュートン算は苦手な生徒の多い問題です。入試まで苦手問題を克服しましょう。

成城中学校2008年度1日目算数入試問題ニュートン算

ある遊園地では、午前9時の開演の時刻に505人の列ができていました。
開園後も一定の割合で人が列に並んでいきます。

午前9時に1カ所の入場口を開けたところ、9時10分には555人の列ができてしまいました。

そこで、9時10分から、入場口を新たに2カ所開けて、全部で3カ所にしたところ、9時25分に列がなくなりました。

どの入場口からも同じ一定の割合で人が入園したとすると、

(1) 1つの入場口から毎分何人の割合で入園しますか。

(2)9時から9時25分の間に新たに何人が列に加わったことが分かりますか。

成城中学校2008年度 1日目算数入試問題 ニュートン算 (1) 解説解答

(1) 1つの入場口から毎分何人の割合で入園しますか。

解説
 
入場口が1カ所のとき 10分間で50人増えているので、1分間に5人増える。

入場口が3カ所になると15分間で555人減っているので、1分間に37人減っている。

れを線分図で表すと


線分図より2カ所からの入園者数が42人なので

1つの入場口から1分間に

42÷2=21

  21人
°

成城中学校2008年度 1日目算数入試問題 ニュートン算 (2) 解説解答

(2) 9時から9時25分の間に新たに何人が列に加わったことが分かりますか。

解説
1カ所の入場口から入園する人数は21人なので

1分間に並ぶ人数は       21+5=26

よって9時から9時25分の25分間に新たに列に加わった人数は      26×25=650

 650人

各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00