最新情報

2022/02/01

筑波大学付属高校2021年度数学入試問題3.場合の数と確率 

筑波大学付属高等学校過去問研究

 

2021年度筑波大学付属高等学校数学入試問題は 小問集合が無くなり大問5題構成になりました。出題内容は、1.数の性質 2.方程式の応用 3.場合の数と確率 4.空間図形 5.平面図形が出題されました。図形を中心とした出題構成は例年通りでした。

今回は 3.場合の数と確率を解説します。


                                   

筑波大学付属高校2021年度数学入試問題3.場合の数と確率 問題



筑波大学付属高校2021年度数学入試問題3.場合の数と確率(1)解説解答

(1) n = 6のとき、交点Pができる確率は[⑨]である。

解説解答





n = 6のとき、A,B以外の点は 2×6 – 2 = 10

Lの作り方は 10×(10 – 1)÷2 = 45・・・起こりうる全ての場合の数

Lが線分ABと交わる場合は 線分ABを上下で結ぶ場合。

よって 点Pができる場合の数は 5×5 = 25・・・特定の条件のもとで起こる場合の数

したがって 確率は



各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00