最新情報

2020/12/20

  • 過去問対策

順天堂大学医学部2019年度前期数学入試問題[Ⅲ](1) (2)

順天堂大学医学部前期数学入試問題1.第3問

こんにちは 医学部受験指導専門プロ家庭教師の田中です。

今回は順天堂大学医学部2019年度前期数学入試問題から[Ⅲ](1)(2)とりあげました。

ユークリッドの互除法は覚えておくと役に立ちます。仕組みをしっかり理解して必ず解けるようにしておきましょう。ユークリッドの互助法は2つの自然数の最大公約数を求める手法の一つです。

ユークリッドの互助法:
 2 つの自然数 a, b (a ≧ b) について、a の b による剰余を r とすると、 a と b との最大公約数は b と r との最大公約数に等しいという性質が成り立つ。この性質を利用して、 b を r で割った剰余、 除数 r をその剰余で割った剰余、と剰余を求める計算を逐次繰り返すと、剰余が 0 になったときの除数が a と b との最大公約数となる。

本問ではa≧bの設定ではなく、b >aの設定で出題されています。私立進学校では高1の頃に授業で取り扱うところがあります。

2019年度 順天堂大学医学部前期数学入試問題[Ⅲ](1) (2) 問題



(1) 解説解答



(2) 解説解答






各種お問い合わせにつきましては、下記よりお気楽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンライン家庭教師も在籍中!「お問い合わせ種別」の欄を選択ください。

営業時間:AM 10:00 〜PM 9:00