高校受験指導専門プロ家庭教師の愛知県立高等学校過去問研究

県立高等学校受験指導はスペースONEのプロ家庭教師にお任せください。

ご依頼専用ダイヤル 0120-604-405
お問い合わせ 03-6868-6040


お問い合わせメール
ws-spaceone

プロ家庭教師集団スペースONE


2010年度 愛知県立高等学校入試問題(過去問) 解答解説

愛知県立高等学校共通理科過去問研究

エネルギーにチャレンジ

  エネルギーは中学3年の2学期中間考査の範囲です。今学校の授業で勉強している範囲を今年の入試問題で確認しましょう。

問題


t

スペースONEプロ家庭教師の解答で、愛知立高等学校の発表ではありません。

設問 

(1) 解説解答
[実験1]で、小球を置く高さを17.0cnにしたとき、木片が動く距離は何cmになるか。求めなさい。
解説
図2より 小球を置く高さと木片が動いた距離は比例する。

小球を置く高さが5.0cmのとき木片が動いた距離は20.0cm。
比例式より  5:17=20:χ    χ=17×20÷5=68.0
答   68.0cm
 
(2) 解説解答
[実験2]の1で、小球を置いた高さは何cnか、求めなさい。
解説
図2で質量40gのとき小球を置く高さが5.0cmでは、木片の動いた距離は20.0cmになり、高さが10cmでは、距離は40.0cmになるので、図3では小球を置く高さが5cmの場合と10cmの場合の質量の違いと木片の動く距離がグラフに表されている。

質量20gのとき木片が動く距離が20.0cmになるのは、小球を置く高さが10cmのとき。
答   10.0cm

(3) 解説解答

解説
[実験1]で質量が同じ重さのとき、小球を置く高さと、木片が動く距離は比例する。また[実験2]で、小球を置く高さが同じとき、小球の質量と木片の動く距離も比例する。
図3の通り 小球を置く高さが5.0cmで質量が40gのとき木片が動いた距離は 20.0cmなので 
質量30gのときは 比例式で  40 : 20.0 = 30 : χ   χ=15.0cm
また 小球を置く高さが10.0cmで質量が60gのとき木片が動いた距離は 60.0cmなので 質量30gのときは 比例式で  60 : 60.0 = 30 : χ   χ=30.0cm  
質量30gの小球を置く高さと木片が動く距離のグラフも0を通る直線のグラフで表せる。小球を置く高さが5cmのとき、動く距離は15cm, 高さが10cmのとき動く距離は30.0cmの2点を通る描く。
       

(4) 解説解答

答  ア
TOPに戻る
高等学校受験過去問研究

プロ家庭教師集団スペースONEリンク集
大学受験過去問研究
医大医学部受験過去問研究
志望校合格のための医大・医学部入試情報
中学受験過去問研究
志望校合格のための中学入試情報

HOME

Copyright(c)2007All Rights Rserved.

このホームページのすべての文章の文責および著作権はプロ家庭教師集団SPACE ONEに属します。